苦の消滅

Pocket
LINEで送る

SPONSOREDLINK

なにか満たされない、欲しいものが得られない、そんな思いをしていませんか?

生きている間、ずっと「満たされない渇き」”苦”を感じるのが、人間なのだとお釈迦様は説かれました。

「渇き」は、自分の好きなものに執着し、嫌いなものを憎むほど、強まるもの。この世界では、どんな美しいものも、時と共に姿を変える。

自分の身体さえ、日々若さを失うのだ。それに執着するほど、苦しみが生まれる。何かをしなければと焦っては、不安に取り憑かれる。さらなる苦しみがやってくる。

SPONSOREDLINK

「静かな強い心を持つのだ」

静かに己の心を調え、物事を在りのままに捉える。

心が静まれば、自分と他人を区別して利益を求めることは無意味になり、得失や、若いこと、老いること、汚れや、清らかであることにこだわらなくなる。

この世の移り変わりの中で、焦ったり、不安になったりせず、誰かを頼らず、静かな自分の心を拠りどころとする。仏の智恵を頼るのだ。

お釈迦様の教え

「おのが心を措きて、何処に拠るべぞ よく整えられし己にこそ、得がたきよるべを得ん」

SPONSOREDLINK